--------------
証券CFDのメリット1
------**------



証券CFDは、ヨーロッパを中心に活発に取引されている金融商品で、大きく分けると株式CFDと、限月CFDがあります。

ここでは、これらの証券CFDには、どんなメリットがあるのかを取り上げました。

レバレッジ(株式・限月CFD)
証券CFDは、証券会社に証拠金を預けて、その証拠金の数倍〜数百倍の取引ができるレバレッジ商品です。

手持ちの自己資金が少なくても、大きな取引が可能です。

一般の株取引では、手持ちの資金が取引の上限なのに比べ、大きなメリットがあるといえます。

空売り
空売りとは、証券会社から株を借りて、それを売ることによって、株価が値下がりしたときにも、収益を得ることができる取引です。

このため、「空売り注文」と「買い注文(値上がりを想定した注文)」の両方を使えば、株価が上がっても下がっても、儲けることが可能です。

スワップ金利(株式CFDのみ)
証券CFD取引をするために、通貨を両替したときに発生する、金利差のことです。

例えば、日本円の金利が年1%で、ドルの金利が年3%の場合は、
3%-1%=2%がスワップ金利になります。

売り注文から入ると、スワップ金利を受け取ることができ、買い注文から入るとスワップ金利を負担することになります。

投資対象
証券CFDは、日本の株式(225銘柄)だけでなく、世界中の主要な株式(約4000銘柄)を、取引することができます。

株式以外でも、海外の証券取引所に上場している株価指数先物や、債券先物も取引可能になっています。

なお、現在人気があるFX(外国為替証拠金取引)は、海外の主要通貨が投資対象です。


次>証券CFDのメリット2

(c)証券CFDナビ